任意整理とは?手続きの内容とメリット・デメリット

借金を整理する方法には、幾つかの種類がありますが、そのうちの一つである任意整理とは、どのような手続きなのでしょうか。任意整理の詳しい内容と、メリット・デメリットについてご紹介します。
任意整理とは、裁判所などの公的機関を通さずに、当事者同士の話し合いで借金を整理する手続きです。通常は、弁護士や司法書士に代理人になってもらって和解交渉を進めます。
弁護士等に債務整理を委任すると、各金融業者に委任通知が送られ、これによって取り立て行為はストップします。同時に、各社に取引履歴の開示も求めて、利息制限法の上限金利に金利を引き下げての引き直し計算を行います。計算に基づいて減額した残元金を3~5年で分割返済し、将来の金利や遅滞損害金はカットする和解契約を結びます。
任意整理のメリットは、借金が減額され、月々の返済額も生活に支障をきたさない程度に抑えることができる点です。財産を処分する必要がなく、職業の資格制限がないのもメリットと言えます。さらに、債務ごとに整理できますので、保証人のついている借金は払い続けてその他を整理するなど、柔軟に対応できます。
デメリットは、個人再生や自己破産などに比べると借金の減額効果が高くないこと、信用情報機関に登録されるため、今後5年程度は新たな借入が制限されることです。
このように、任意整理とは、個人再生や自己破産のデメリットを避けて債務整理したい人に向いた手続きで、減額後の借金を3年程度で返済できる継続した収入の見込みがある場合に利用できます。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法