任意整理して後悔や失敗はある?

任意整理とは裁判所を通さずに交渉し、借金の減額をする方法です。
しかし誰もが出来るものではありません。
ここでは任意整理に失敗するケースについて解説していきます。
任意整理をお考えの方は、自分は失敗するケースに当てはまっていないか確認しておきましょう。

そもそも任意整理が自分に合った方法なのか?

借金の解決方法としてあげられるのが債務整理ですが、債務整理には任意整理を含め4つの手段があります。
まずはあなたに合った借金の解決方法を無料シミュレーターで調べてみましょう!

  • 匿名・無料で診断出来ます。
  • 簡単な3つの質問に答えるだけで債務の減額方法が分かります。
債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

 

任意整理とは?

任意整理は借金を整理するための債務整理方法のうちの一つです。
お金を貸している側と、お金を借りている側との話し合いによって債務の減額をめざす方法です。

 

任意整理に成功すると
  • 利息など、毎月の支払額の減額ができる
  • 取立てをストップできる

 

任意整理の条件は?

安定した収入があること

任意整理は基本的に3年から5年で返済していくことが前提なので、継続して安定した収入を得られていない場合は任意整理できません。また安定した収入があっても、その収入の中で3年から5年で借金を返済することができないほど借金が多額な場合も難しいでしょう。

 

任意整理をお考えの方必見!任意整理に失敗するケースとは?

任意整理をしたい!と思っても、任意整理をする前に失敗してしまったり、任意整理後に失敗するケースもあります。どんな場合に失敗してしまうのかチェックしておきましょう。

 

任意整理前に失敗するケース

任意整理は自己破産とは違い、借金を全くなしにするのではなく減額をして返済することが前提なので、お金を貸している側も少しでも回収できる任意整理の合意には前向きなはず・・・ですが、お金を貸している金融業者の中には、経営方針などで任意整理に応じないとしているところもあるようです。
その場合は、任意整理を断念し、ほかの債務整理方法を検討するよりほかありません。

 

任意整理後に失敗するケース

基本的に任意整理では減額した返済額を3年~5年を目安に返済していくことになります。ですが、この不景気でいつ収入が不安定になってしまうかわかりません。収入が不安定になってしまった場合、返済ができなくなり、結局自己破産しなければならない状況に陥ってします可能性もあります。

 

任意整理で後悔・失敗を防ぐためには

きちんとした返済計画を立てる

条件にもあるように安定した収入は必須になりますが、その上でどのように返済していくかイメージすることが重要です。
せっかく任意整理の手続きをしても、減額後の借金をしっかり返済していかなければ任意整理は失敗に終わってしまいます。

結局自己破産するなんてことにならないように、しっかりと計画を立て完済するまでちゃんと実行することが重要です。

 

交渉力に長けた代理人を選ぶ

代理人は弁護士を想定する人がほとんどですが、140万円以下の額であれば司法書士を利用することが可能です。弁護士よりも司法書士の方が依頼費用が安くなりますし、任意整理の実績が多い場合があります。
借金問題の解決に多数の実績を持つところに依頼するの必要があると言えます。
実績に関しては特定の地域に固執するのではなく、全国展開で依頼を受ける大きな法律事務所を選ぶことが大切です。実績により豊富な経験とノウハウを持っていますので、知名度の高さよりも経験の豊富さを重視して選ぶ必要があるのです

 

多数実績で選ぶならこちら

年間実績5000件以上!
相談無料初期費用0円分割払いも可能なのでまずは相談してみることをおすすめします。

 

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法