任意整理とローンの関係について

借金問題で生活に困っている人を合法的に救済する手段として、世の中には債務整理と呼ばれる方法があります。
債務整理には、任意整理や個人再生、自己破産などがあり、それぞれ自分に最も適した方法を模索して、負債の減免を図る手続きを行うこととなります。

現代で最も多くの人に利用されている手続きが任意整理という方法となっています。
任意整理は、裁判所を通さずに弁護士や司法書士といった専門家が債権者と交渉をして、現実的に返済が可能な範囲まで負債を減額する方法のことをいいます。

任意整理は個人再生や自己破産などと異なり、裁判所を通さずに手続きを行うため、スピーディーかつ比較的少ない書類などの準備で手続きを行うことができるのです。

また、自動車ローンや住宅ローンなどが残っている場合、自動車や住宅を任意整理の対象から外して手続きを行うことによって自動車や住宅を保持したまま債務の減額を図れるというメリットもあるのです。

任意整理を行った後ですが、金融機関などの関係者が目にする信用情報に、任意整理をしたという金融事故情報が掲載されることとなるため、5年から10年程度の間は、クレジットカードの作成も含めてローンを組むことができなくなります。

ローンが組めなくなることは、個人再生や自己破産を行った場合も同様で、債務整理をする場合の共通のデメリットとなりますので、手続きを行う前によく理解しておく必要があるといえるでしょう。

クレジットカードの代用品としては、クレジット機能を備えたプリペイドカードやデビットカードの作成がおすすめです。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法