任意整理から外してもクレジットカードは利用できないことがあります

任意整理でカードローンを整理して、クレジットカード分は対象から外すことも可能です。
分割ローンも同じことが言えますが、問題となるのは信用情報機関です。
任意整理を選択するにあたり、クレジットカードの会員規約の期限の利益の喪失などの項目をチェックしてみてください。
そこには任意整理をはじめ、期限の利益を失うこと、すなわちカードが使えなくなることが明記されています。
裁判所を通さない任意整理とは言え、その事実は信用情報機関に登録されます。
しかも、カードローンとクレジットカードは共通してCICに登録されていることがあります。
特に大手の消費者金融のカードローンはJICCとCICの二つの機関に登録されていることが多いのです。
そのため、会員規約に基づいて更新時に返却ということになる場合もあります。
更新時まで使えるかどうかはクレジットカードの発行元が信用情報機関に照会するまでとなりますが、次回の更新時までという時限的なものになることが想定されます。
家族が利用するクレジットカードについては問題なく利用できます。
信用情報機関で与信を与えているのは契約者本人であり、家族に影響が及ぶことはありません。
あくまでも個人が対象です。
任意整理ではクレジットカードを新たに作ることもできません。
最低5年ほど待つ必要があるのですが、その期間を家計とカードの使い方を見直す機会にすることをおすすめします。
他の債務整理と同様に一生つきまとうものではなく、再起と見直しの機会に充てられるのも任意整理でもあります。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法